---DJ SCHEDULE---









Feb 20, 2013

Entertainment



4月リリースのPHOENIXのアルバムより「Entertainment」が公開された。
思いのほか想像以上にPHOENIXだった(意味分からない言い方ですが)
期待しかないよ。

こんなにもリリースがある度にドキドキさせてくれるバンドがいるなんて。
そして今年はライブが見たい。

ああ、MVを再生するたびにドキドキするよ。


Feb 13, 2013

PINK POLITICS&BATICA presents 'Heartbeeps''


2013/02/15(fri) PINK POLITICS&BATICA presents 'Heartbeeps''
@BATICA

OPEN 22:00-
DOOR 1500

<DJ>
コンピューマ
TETSUYA SUZUKI(TOP GUN)
DEAVID SOUL
Mayu(Sister Sister)
koji tanigawa
masaki

<LIVE>
TEEN RUNNINGS
The Restrooms
PINK POLITICS


TEDみたいにかわいい熊さんみたいな、まさし率いるPINK POLITICS企画の楽しそうなパーティでDJします。DJもLIVEも好きな人ばっかだから楽しみ!

 



Feb 11, 2013

回 想


年末から1月下旬の事。

文章を書く事が苦手だけど人の薦めもあって思い出しながら残しておこうと思う。
(まだ引きずるのかいとか言わないで。)
場面を想像できるくらい鮮明な表現をする彼女を尊敬する。

昨年末「JUST KIDS」の日本語版が発売されることを知って予約をした。
活字が苦手で普段から本を読まない自分が予約までしたかった本。好きだけど全ての楽曲を覚えられる程でもない。でも音楽を自分で買えるぐらいの年になったときから何故かずっと頭にある人。ライブも見た事もなかった。不思議に憧れを持ってる人。

ちっさな字に沢山の注釈、苦手な本のはずが最初の一日で半分は読めた(自分にとっては奇跡)この本を予約するとトークショーとサイン会に参加できるということもあって頑張ってそれまでに完読したかった。目標どおり読み終えたが注釈の理解まではまだまだ。

JUST KIDSの中に沢山の会話文や当時の風景が細かく書かれているのが不思議だった。
トークショー当日インタビュアーがそのことに触れてくれた。
彼女は毎日欠かさず日記を書いていたらしい。だから誰に会った、どんな事をした、話したか等を書けたらしい。本の内容とは別のケヴィン・シールズと「The Coral Sea」を作ったときの話とか面白かった。あとは広島と長崎についての話。とっても悲しそうな顔をして話をしてくれた。アメリカでもこういう風に思う人いるんだと不思議に思った。

サイン会は流れ作業のように進んで自分の番、メモリアルソングのページにサインしてもらった。書いてくれているときに私は広島で育ちましたって拙い英語で伝えました。手を止めて両手で包むように握手をしてくれた。ふわっと暖かくてそれだけでも涙が出そうになった。その後青山トンネルにいって皆と握手をしてしまった。

久々にこんなにわくわくすることがあるんだなって感激した。

ライブ当日は自分の誕生日前日。

三つ編み姿で登場した。帽子をサッと捨てて、三つ編みをほどく、とってもチャーミングだった。

正直セットリストもろくに覚えてません。涙を流したのは覚えてる。
観客席から「I LOVE YOU!」という声がして「I LOVE YOU TOO!!」と返して「BECAUSE YOUR NIGHT」のイントロが流れた。鳥肌がまた立った。 原発の事も触れていた、原発はファックだ、止めるのはお前達だ、とアンコール前に叫んだ。
「PEOPLE HAVE THE POWER」では拳を突き上げた大人達が沢山見えた。

ライブの途中でオーチャードホールのステージに唾を吐く、ラストのGLORIAで弦を弾きちぎる。
汚いけど、気付いたら涙と鼻水だらけでした。なんでか分からないけど。

今見る事ができて良かった。
沢山震える自分がいてびっくりした。
とてもパワフルでチャーミングでエンターティナーで優しくて自分が憧れる塊だった。

がんばっていたらまた会えるだろうか。
それまでにもうちょっと頑張ろうと思う。


People Have the Power  一人一人の民こそ、力を持っている


I was dreaming in my dreaming      輝かしく、公平な有り様の自分の夢の中で、        
of an aspect bright and fair         私は、夢見ていた。
and my sleeping it was broken     私の睡眠中に、それは破壊された。
but my dream it lingered near       けれど、光っている渓谷の合間、

in the form of shining valleys      純粋な空気が見分けられた辺りに、

where the pure air recognized     それは残存していた。
and my senses newly opened      そして、私の感覚は新しく開いた。
I awakened to the cry          私は、一人一人の民こそ力を持っているのだという
that the people / have the power     叫びに、目覚めたのだ。
to redeem / the work of fools       愚かな人たちのやり方から解放するため
upon the meek / the graces shower   恩寵の雨が、敬虔な者たちの上に注ぎ、
it's decreed / the people rule       民衆が統制すると宣言されたのだ。

The people have the power.....      一人一人の民こそ、力を持っているのだ。

Vengeful aspects became suspect    復讐的な局面は、不信感となり、
and bending low as if to hear       まるで話しを聞くかのように、身体をかがめる。
and the armies ceased advancing     軍隊は侵攻するのをやめた。
because the people had their ear    なぜなら、
and the shepherds and the soldiers   彼らは民衆の言い分を聞く耳を持っていたのだ。
lay beneath the stars           羊飼いと兵士たちは星空の下に横たわり、
exchanging visions            お互いのビジョンを交換し、
and laying arms            土の中へと、
to waste / in the dust           武器を完全に破壊した。
in the form of / shining valleys      光っている渓谷の合間、
where the pure air / recognized      純粋な空気が見分けられたところで、
and my senses / newly opened       私の感覚は新しく開き、
I awakened / to the cry           私は叫びに対して、目を覚ました。

Refrain                   (くりかえし)

Where there were deserts          砂漠のあるところで、
I saw fountains               私は噴き上がる泉を見た。
like cream the waters rise        まるで泡立つように、水が立ち上がっていた。
and we strolled there together      誰も笑ったり、けなしたりする人はいないまま、
with none to laugh or criticize       私たちは一緒に、そこを歩き回った。
and the leopard             そして、ヒョウと子羊が、
and the lamb                真の友情とともに、
lay together truly bound         一緒に腹ばいに横たわっていた。
I was hoping in my hoping        私が見つけたことを思い出すように、
to recall what I had found          私は自分の望みの中で、望んでいた。
I was dreaming in my dreaming        神はより純粋な展望を知っているということを、
god knows / a purer view           私は自分の夢の中で、夢見ていた。
as I surrender to my sleeping         私が自分の睡眠に身を委ねるように、
I commit my dream to you          私は、私の夢をあなたに捧げよう。

Refrain                 (くりかえし)

The power to dream / to rule        権限を行使するための
to wrestle the world from fools        愚かな者たちから世界を取り戻すための、夢を見る力。
it's decreed the people rule         それは、民衆が統制することを宣言する。
it's decreed the people rule          それは、民衆が統制することを宣言する。
LISTEN                  お聞きなさい!
I believe everything we dream        私たちが夢見るすべてのことは、
can come to pass through our union      私たちの統一を通して実現することが可能だと、私は信じている。
we can turn the world around          私たちは、世界を良い方向へ変換することができるのだ。
we can turn the earth's revolution     私たちは、地球の自転を転じ、変革することができるのだ。 
we have the power             私たちは力を持っているのだ。
People have the power ...           民衆の誰もが、力を持っているのだ。







Feb 9, 2013

UC 5th ANNIVERSARY


明日は原宿UCの5周年でDJします。

↓以下詳細↓
  
この度UCは5周年を迎えます。
それを記念して続いての【DAY2】
コンセプトは"House Music~Vinyl Lover~2013"と題し、
20年の時を経ても未だに支持される伝説のミキサー"UREI 1620"をあえて使用し、
出演者全員がVinyl中心でプレイするという言わばDJの"原点回帰"ともいえるこの企画。

この日は、今日まで日本のハウスシーンのトップDJとして君臨し続けて、
未だに多大な影響を音楽ファンに与え続けている"KING OF HOUSE"ことDJ EMMA、
そして常に独自のスタイルを追求し続けて、アンダーグラウンドシーンを牽引し、
多くのファンを魅了しているFORCE OF NATURE(KZA & DJ KENT)がスペシャルゲストDJとして登場する。
その他、本格派女性タンテリストとして代々木VILLAGEのレジデントを務め、都内を中心に活躍中のMAYU
根っからのVinyleマニアで、未だにVinylにこだわり続けてプレーしている若手注目株のSHOBITT & EDDY、GOMEなどが華を添える。

このパーティーを通じて、多くの方々にダンスミュージックの素晴らしさ、夜遊びの楽しさ、人と人との繋がりの大切さ、その空間でしか味わえないLive感、感謝の気持ち…
など様々な事を感じて頂き、最高なモノになればと思っております。
 

 UC 5th ANNIVERSARY PARTY RE CURRENCE
"House Music~Vinyl Lover~2013"

PARTY START : 21:00 ~
PARTY CHARGE : 2000/1D

SPECIAL GUEST DJ:
DJ EMMA(MALAWI ROCKS / NITELIST MUSIC)
FORCE OF NATURE (KZA & DJ KENT)

DJ:
MAYU(SISTER SISTER)
SHOBITT & EDDY
GOME(clued up?)
USkey


ではお待ちしてます。