---DJ SCHEDULE---









Jan 23, 2014

Dripping Down



今まではかっこいいものを見つけたら手のうちを見せず自分だけで楽しんでいたのだけど、
なんだか変わっていていて、

一般的に売れている音楽が嫌いなわけでもないし好きでもないのだけどなぜ売れているかってそれにお金を落とす人がいて成り立っている。インディーミュジックといかアンダーグラウンドな音楽って それ だからかっこいいと今まで思っていて今でも思いたいだけど、やっぱり生で彼らの音楽を聞きたいと思うし来てもらえる状況買える状況がなくなってほしくないと思う。増えてほしい。そうするにはもっと紹介とか反応とかしたいなって一人で思いだした。だからメモのように良いものは記していこうと思う今年は。(そんなにアクセスなんてないとはおもうのだけど...)

先週自分がDJをした「DISCO JOCKY」は男くさいけどとても雰囲気も良くて、ブースの周りにはその日DJのレコードバックが溢れていたのだけどその光景が私にはなんともいえず一日中ニヤニヤしていた。その日関わった人たちは熱くレコードについてとか、パーティについてとかを私に話してくれたのだけど必死に語ってくれるその内容を聞いていたらそんなに私とか私の周りのDJは珍しいのかとさえ思った。ただレコードが好きで買って掘ってパーティをしているだけなのだけど。でも去年からそれをきっかけにいろんなことが少しずつだけど反応で返ってきている気もするしそれが楽しくて続けている気もする。

(変な文章だなぁ..)

簡単に踊れる曲も大好きなんだけど、ふわぁっと感情がこみ上げてくるような曲とか、ライブで暴れるような曲も大好きだし、今自分で線引きをして手に入れるのに必死です。お財布に限界があるから笑

でも楽しいよ。soldoutって赤文字を見て探すドキドキとか、店に着くまでにあるかなぁとか思うワクワクとか。うちにいてピンポンが鳴って海を渡ってきたダンボールを開ける瞬間とか。

制限されたバッグの中で盤を選んでDJするのってやっぱりスリリングだし朝方のback 2 backで「あたしゃもうないよ」みたいなのを何度も経験して悔しいけど私にはほしいもの全部ある状態よりはいいのかもしれないな。欲しいものは尽きないけど。





ふわぁかっこいい...♡

No comments:

Post a Comment